札幌市の浅利昌克公認会計士・税理士事務所 │ 実務経験20年

北海道札幌市の浅利昌克公認会計士・税理士事務所

【対応地域】 北海道、青森、東京

011-522-8471

電話受付時間 : 平日9:00〜17:00 休業日:土日祝日(緊急案件は休日も対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

会計不正・横領等(マンション管理)

2015年上期もマンション管理組合の財産を横領するケースがいくつかありました。
北海道、大阪では、マンション管理会社社員によるもの、広島ではマンション管理組合理事長によるものでした。これらのケースにおいて共通するのは、マンション管理組合会計全般ほとんどを単独1名で行っていることでした。
管理会社では本来牽制機能を働かせ、お金を取り扱う者、会計処理を行う者を別の担当者にし、かつ、それらをチェックする者がまた別にいることが必要です。また、管理会社が作成した月次報告書あるいは年度末の決算報告書に対し、特にマンション管理組合の理事あるいは監事がチェック機能を適切に働かせることも必要です。
また、会計等に関して自主管理を行っているマンション管理組合では、主に理事あるいは監事のチェック機能が働かなければ不正は見逃される可能性が高くなります。

Return Top